FC2ブログ
Xelisium Lab

【解説】なんとなくノリでCore i9 9900Kを買ったら大ハズレ石で大損しました。

2020/06/24
動画の裏話 0
こんにちは、この動画を作るのに約1ヶ月集中して作業してしまったXelisiumです。



素直に10900KとMaximus XII Apex買った方が安上がりだったのは間違いありません。

内容的には結構細かい説明を端折ってしまったのでここで詳しく解説します。

Core i9 9900K

この超大ハズレ石について。

5.0GHz固定で電圧1.4Vに固定してもCinebench R15を安定して動作してくれません。

周りの人に話してみても「これは ひどい」しか言ってくれないので本当に酷いハズレなんだと思います。

ウワサでは今の9900Kは9900KSの選別落ち品らしいですね。

そりゃ回らんわけだ・・・・。



ASUS ROG Maximus Xi Gene

いわゆる超オーバークロック特化マザーボード・・なんですがうまく動いてくれませんでした。

症状としては

・G.skill(中身はSamsung B-die)のメモリを付けるとブートしない
(Q-code bE NVRAMのクリーンアップ)
・Ballistixの黒ゲジメモリを付けるとブートするけど数分でフリーズ
(Q-code 04 マイクロコード前のPCH初期化)
・リブートすると起動しなくなる
(Q-code 7F AMI DXEコードの為に予約済み)
・SSDを認識しなくなる

メモリは他のマザーボードでは問題なく動いています。

最初ソケットピンが1本折れていて、それが動作不良の原因だろうと思って直してもらったのですが全く変化ナシ。

Q-codeでPCHがどうのこうのって出てるのでその辺り弄ってもダメ。

チップセットが破損してる説が濃厚ではありますが、Twitterでは大ハズレ石すぎて正常動作できてない説の提唱もありました。

やはりジャンクは手を出すべきじゃないですね・・。

コイツは長尾製作所リリースのマザボを飾る台でも買ってオブジェにでもします。





GIBABYTE Z390 AORUS MASTER

まだ新品で売っているのを見つけたので実に12年ぶりにGIGABYTEのマザーボードを買いました。

AORUSのデザインは好きなんですがコレまたハズレ板。

メモリのXMPをロードすると起動不能になりCMOSクリア待ったなしになります。

他はいい感じなのに残念・・。

あとBIOSアップデートでマニュアルに表記の画面じゃなくなるのはやめて欲しいです。



ASRock Z390 Taichi

旧Taichiデザインはあまり好きじゃないのですがASRockはX570で使い慣れてる為購入。

3枚マザーボードを購入した中でコレが一番まともに動きます。

でもやはりハズレ石には勝てませんでした。



CRYORIG R1 UNIVERSAL V2

デカい、メモリとの干渉を避けれるモデルとはいえGeneに付けるとメモリと干渉します。

正直な感想として空冷にしては冷えますが・・

余程何か事情が無ければ240mmのまともな簡易水冷の方が良いと思います。

コツを掴まないと取り付けが大変です。





いかがでしたでしょうか。

今回はトータルの金額なんて考えたくもない事になってしまいました。

しかし諦め悪くこの超ハズレ石を使った検証は続きます。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
Xelisium
Admin: Xelisium
自作歴12年目(ちゃんと勉強し始めたのはここ1年位)
誰得なオーバークロックと検証がメインです。
動画の裏話